スプレッドシートのセル内改行と行間を揃える方法

業務で誰もが使ったことがあるだろうエクセルやスプレッドシートですが、改行の仕方が分からないという人も少なくありません。そこで今回はスプレッドシートやエクセルで改行する方法や行の高さを揃える方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スプレッドシートで改行する方法

スプレッドシートやエクセルで[Enter]キーを押して改行しようとすると、セルが下に移動してしまいますよね。実は[Alt]キーを組み合わせれば、簡単にセル内改行ができます。

セル内で改行する方法

スプレッドシートの改行のやり方

まず改行したいセルをダブルクリックして、セルをアクティブにして下さい。文字の最後など、改行したい部分にカーソルを合わせたら[Alt]キーを押したまま[Enter]キーをクリックします。

[Ctrl]+[Enter]でも改行できます。

関数を使ってセル内改行する方法

スプレッドシートで改行する方法

改行したい文字と文字の間に改行コード「char(10)を入力し、それぞれの文字と改行コードをアンパサンド「&」で結合します。

関数内の文字列はダブルクォーテーション「”」で囲うのを忘れないようにしましょう。

CHAR(10)とは?

CHAR(10)は、CHAR関数に改行コード(10)をセットした状態です。CHAR関数は現在のユニコード表に従って、数値を文字に変換します。

ダブルクォーテーション「”」とは?

関数内に入力した値を、文字列として認識させるための記号です。基本的に関数内では、文字列をダブルクォーテーション「” “」で囲います。

スポンサーリンク

スプレッドシートで行間を揃える方法

改行や文字の折り返しを使用するうちに、行の高さが乱れてしまうことがあります。行間をドラッグして行の幅を移動する方法のほかに、クリックで適切な行間に揃える方法をご紹介します。

行の高さを文字に合わせる

スプレッドシートの行の高さの揃えるやり方

左端にある行番号の間部分にカーソルを合わせると、カーソルが両向き矢印(⇕)に変わります。この状態でダブルクリックするだけで、文字に合わせた適切な行の幅に調整することが可能です。

複数行の高さを文字に合わせる

スプレッドシートの行の高さを文字に合わせる

行の数が多いときは、一度に選択した行全てを調整することも可能です。調整したい行全体を選択(行番号部分をドラッグ)したら、右クリックでメニューを表示させます。

「行(行番号-行番号)のサイズを変更」を開いたら、データに合わせるにチェックを入れてOKを押してください。これで選択した全ての行が、文字に合わせた適切な行の幅に調整されました。

行の高さを指定して揃える

スプレッドシートの行の高さを揃える

高さを揃えたい行を全て選択(行番号部分をドラッグ)したら、右クリックのメニューから「行(行番号-行番号)のサイズを変更」を開きます。

スプレッドシートの行の高さを揃える

「行の高さを指定する」にチェックをいれると、入力された数字(デフォルトでは21)に行の高さが統一されます。行の高さを変更後も、セルをダブルクリックしてみると中身は変わっていません。

スポンサーリンク

スプレッドシートの改行方法まとめ

今回はスプレッドシートの、セル内で改行する方法を2つ後紹介しました。

  • キーボード操作で改行する方法:[Alt]+[Enter]、[Ctrl]+[Enter]
  • 関数を使って改行する方法:char(10)と文字をアンパサンドで結合する

また、セル内で改行でバラバラになってしまった行間を整える方法についてご紹介しました。このほかにも、改行を削除する方法についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

改行を削除する方法

スプレッドシートやエクセルで不要な改行を一気に削除したり、句読点に置換する方法を解説します。

タイトルとURLをコピーしました